こんにちは。
今回は、COTONOWAの人気講座のひとつ、「新宿高野フルーティーライフ教室」に参加してのレビューをお届けします。

こだわりの上質なフルーツを取り扱っているお店としてご存知の方も多い新宿高野の講座です。

新宿高野と言えば、京急百貨店内にも店舗がありますね、フルーツショップに陳列されているフルーツは形が整っており、艶があり、まさに輝きを放っています。
ショップに加えて、京急百貨店ではフルーツパーラーで季節のフルーツをふんだんに使ったデザートも堪能できます。フルーツパーラーではフルーツの特徴を活かしたメニューを味わえるほかに、見た目も色彩の美しさが映えて芸術品を見ているような気持ちになります。インスタ映え間違いなしです。

参加してきた新宿高野フルーティーライフ教室では、フルーツカットの仕方・季節のフルーツの試食・季節のフルーツを使ったゼリーやジャム、ジュースを頂きました。

今回のテーマフルーツは柑橘でした。
講座の内容を順を追ってお話させて頂きますね。

フルーツカット実習では、デコポンと苺を使って行いました。
デコポンを器に見立てて、中身をくり抜いてカットします。
その次に、用意されているデコポンのゼリーを崩して先程の器に入れ、苺は切込みを入れてスライドさせます。デコポンはカットして先程の容器の中に詰め直し、苺は切込みを入れてスライドし、先程のデコポンの上に乗せます。
デコポンのふたの部分も残しておいて容器に添える様にお聞きしましたが、それをするだけで全体のまとまりや高級感、オシャレさが全然違うように思えました。

少し手間をかけるだけでこんなにオシャレに仕上がるとなると、家にお客様をお招きするときやホームパーティーの時などに利用してみたいと感じました。

不器用な私にはフルーツカットは向いていないかも…と漠然と思っていたのですが、講師の方のアドバイスの仕方や、綺麗に見せるためのコツなどが初心者の私でも明確で分かりやすかったのが印象的でした。

講師の方が丁寧にアドバイスしてくださったおかげで、フルーツカットも楽しく行なうことが出来ました。

この講座のスペシャルな所はこの後にもあります。

季節のフルーツの試食です!

講座内で使用したフルーツの食べ比べ。

はるか・デコポン【熊本県】
ゆめほっぺ【山口県】
せとか【熊本県】
晩白柚(ばんぺいゆ)【熊本県】
はるみ

橙色の様々な種類の柑橘が、一枚のプレートに綺麗に盛り付けられています。
さすがプロ!と思わせるような飾り切りをされているフルーツもあります。

飾り切りの仕方一つとっても、どのように表現したらそれぞれの柑橘が持っている華やかさ・映え方の一番をプレート一枚に出しつくせるか、ということがよく考えられているなあと感じました。

飾り切りに加えて、配置や角度などが全て揃って世界観が成立しており、シンプルにフルーツだけをプレートに盛りつけることが、先ほどの実習で私が並べたのとどう違うのかあらためて勉強になりました。

フルーツだけを盛り付けることは、お料理の盛り付けとはまた別の難しさがあるように感じました。今回の講座を受けなければ気付かなかった点かもしれません。

あくまで個人的な感想ですが、フルーツ盛り付けとはプレート(お皿)の中にひとつひとつ、絵画を描いて行き、完成したプレート(お皿)が1枚の絵になり美しく見えるかという様なイメージです。

それに比べて、お料理の盛り付けは全体の構成を大切にしているイメージがありますので、コース料理にしても、一品料理にしても、建築物を建てていくようなイメージです。
一瞬で魅せるものと全体のまとまりを魅せる、そんな違いがあるように感じました。

今回はテーマフルーツの食べ比べで六種類の柑橘を頂きましたが、一番強く印象に残っていることは、フルーツの新鮮さや、素材の良さが段違いであること、特にフルーツ本来のみずみずしさ、食感・甘味にも強弱がある・色や香り等、五感をフルに使ってフルーツを楽しむということ。この経験はなかなか出来ない貴重な時間でした。

旬のものはその瞬間でしか頂くことが出来ないので、季節ごとの味覚を楽しむことでとても充実した時間を過ごすことが出来ました。

新宿高野によって選ばれた生産者の方が拘りを持って作ったフルーツが紹介されていますので、栽培から出荷、品質の高さ、各スタッフの方のご対応等は目を見張るものがありました。

上記の他に、フルーツを使って作られたゼリーやジャムを頂きましたが、フルーツの自然な優しい色合いが目でも楽しむことの出来るものだと感じました。
ジャムひとつとっても、ただパンやクラッカーに塗るだけでなくアレンジ方法を知ることによって、応用が利くようになります。

ジュースはフルーツの旨味や風味の豊かさが凝縮されており、フルーツそのものの味わいを楽しむことが出来ます。

ジュースはフルーツの旨味や風味の豊かさが凝縮されており、フルーツそのものの味わいを楽しむことが出来ます。

ゼリーやジャムのアレンジ方法・おススメの食べ方、ジュースの試飲の時もフルーツカットの時と同様にアドバイスを頂くことが出来ました。
特別に用意するものはありませんし、全てお家でも簡単に実践出来るようなものですので、またやってみよう!といった気持ちになれます。

フルーツ一つとっても、食べ方次第でこんなにも感じ方が違うのだと驚かされました。

いかがでしたか?毎回旬のフルーツをテーマに開催されている「新宿高野フルーティライフ」は今後も注目です。


講座番号:07-01
4月11日(木)
<フルーツスペシャル教室Part1>
春にオイシイ旬のフルーツとオリジナル商品を楽しむ

【実習】ミニケーキ作り


講座番号:07-01
5月9日(木)
【テーマ】 「桜井甘精堂×新宿高野」

大信州展特別企画・桜井甘精堂
栗あんを使った限定スイーツをつくる


講座番号:07-01
6月13日(木)
<フルーツカット教室>
フルーツパーラークチュリエが教えるフルーツカット

【実習】フルーツプレート


講座番号:07-01
7月11日(木)
【テーマ】
「キユーピー×新宿高野」
旬のフルーツでつくるパワーサラダ教室

簡単!健康!キユーピー
パワーサラダをつくる

満席となっております。


講座番号:07-01
8月8日(木)
<フルーツスペシャル教室Part2>
今が旬!「桃」の楽しみ方

【実習】ミニケーキとフルーツポンチ


講座番号:07-01
9月12日(木)
【テーマ】
「アンデルセン×新宿高野」

●夢のコラボが実現!アンデルセンこだわりのパンに旬の果物をはさんだフルーツサンドをつくりましょう♪
●アレンジレシピのご紹介を通して、多様なフルーツの楽しみ方をご提案します。

満席となっております。


COTONOWA講座申込時の会員登録が必要なご注意